トップ  >  年金相談  >  離婚年金分割

離婚年金分割


 離婚時における厚生年金の分割手続きをしましたか?
手続きができる期間は、離婚成立後2年間(※1)です。2年を過ぎると時効です。

離婚に至るには、人それぞれ様々な背景があると思います。
時が経てば経つほど、年金の分割請求を言い出しにくくなるのも人の常です。




年金のことは年金のプロフェッショナル 社会保険労務士が適任です。

あなたの年金情報を調査し、相手の方へ「離婚時における厚生年金分割の制度」と
「厚生年金の分割比率」についてご説明を代行します。

また複雑かつ面倒な、あらゆる書類手続きの提出代行を経て、あなたの年金分割手続き申請を終了させます。

 ※1 平成20年4月1日以降の第3号被保険者期間を除く

年金分割フローチェック!

あなたが離婚年金分割該当者かフローチャートでチェックしてみましょう!
離婚年金分割チェック

離婚年金分割とは

平成16年改正では、離婚の際に年金の分割が行うことができるよう「離婚分割」の制度が創設されました。
離婚分割には、平成19年4月1日からの制度と平成20年4月1日からの制度があります。

2つの制度は微妙に違いがあります。
平成19年4月からの離婚分割(合意分割)は、当事者双方の合意(もしくは家庭裁判所の処分)が必要になりますが、平成20年4月からの制度は、被扶養配偶者がいる被保険者が負担した保険料は双方が共同で負担したものであるという認識の下に定められています。

離婚分割(合意分割)
平成19年4月以降に離婚した場合が対象です。ですから、それ以前に離婚している場合は、この制度の対象にはなりません。
分割の割合は、最大で(厚生年金か共済年金の)半分ですが、これは自動的に決定されるものではなく、夫婦の話し合いで決められるものです。
話し合いで決まらなければ、裁判で決定してもらうという方法もあります。
分割される年金額は夫婦であった期間に支払った厚生年金・共済年金額で決まる為、加入していた期間が長いほど、年金額が多くなります。

強制分割(3号分割)
平成20年4月からは、自動的に分割される制度が始まります。
平成19年4月から始まった制度は、話し合いで分割の割合を決める、というものでしたが、平成20年4月からは、【強制的】に分割できる制度が始まります。
平成20年4月以降これに対する年金については、一方からの請求のみで、半分の分割ができるようになります。
しかし、それ以前の年金は合意分割による手続きをとらなければ受け取る事ができません。

厚生年金の離婚年金分割のイメージ

 
合意分割
強制分割(3号分割)
時期
H.19年4月以降の離婚 H.20年4月以降の離婚
分割期間
H.19年3月以前を含めた全婚姻期間 H.20年4月以降の3号者期間
分割割合
婚姻期間中の夫婦の厚生・共済年金
納付記録の合計のうち、最大2分の1
2号被保険者の厚生・共済
年金納付記録の2分の1
決め方
夫婦の合意、または裁判所の決定による 請求により自動的に
請求期間
原則として離婚後2年以内
いつから
自分の年金をもらえるようになった時から
※1号被保険者:自営業、農林漁業者など
※2号被保険者:サラリーマン、公務員など
※3号被保険者:サラリーマンや公務員の妻など第2号被保険者の被扶養配偶者。
(保険料の負担の無い者)

日本年金機構のサイトはこちら

 

ご相談からお手続き終了までの流れと費用について

 

お電話にて、ご都合の良い日時と面談の場所を決めます。
※弊所には、2名の社会保険労務士(男性)がおります。もし女性も同行(同席)してほしい等ご希望がございましたら、お気軽にお申し付け下さい。
※対面を希望しない場合は、全てのやり取りを郵送とお電話(FAX)でお受けします。ただし費用は同額です。

弊事務所またはご指定の場所にて、担当させて頂く社労士が、手続きの流れや必要書類などのご説明をさせて頂きます。

手続き代行をご依頼の場合は、各種必要書類を取寄せるための委任状にご印鑑が必要となります。
また、基礎年金番号の確認等を行いますので、年金手帳も合わせてご持参下さい。


また、ご自身で手続きをされる場合は、手続きの方法についてご説明をさせて頂き、国が発行しているパンフレットを差し上げます。

戸籍謄本(3通)・除籍謄本(3通)など、必要書類の取寄せを代行いたします。
また、年金事務所にて年金情報の調査をします。
(転勤したり転職が多い場合の加入記録に誤りや漏れがないか、第3号被保険者に該当の場合の過去の届出漏れがないか等のチェックも致します)

年金事務所(各共済組合)に、年金分割の請求手続きを致します。

年金事務所から改定後の「標準報酬改定通知書」が発行され、ご依頼主様と、相手方に届きます。
全ての手続きが滞りなく終了した時点で、当事務所へ成功報酬をお支払いいただきます。
成功報酬につきましては、税込み75,600円となります。少々お高く感じられるかもしれませんが、複雑な書類申請や年金事務所へ通う手間や時間、そして精神的苦痛を軽減できます。

 

離婚をする前に、是非こちらもお読み下さい。

離婚年金分割とは、「夫の年金の丸々半分をもらえる」という制度ではありません。
たとえば、夫が200万円の年金(国民年金80万円、厚生年金120万円)を受け取っていた場合。
分割の対象は厚生年金の部分で120万円の半分…60万円! ではありません。
厚生年金120万円のうちの結婚期間中の部分の半分となります。
ですから、単純に計算しても60万円÷12ヶ月=5万円(月額)よりも更に少ない額になります。

そして、分割された年金を受給できるようになるのは、あなた自身が年金を受給できる年齢に達したときからです。

年金受給できる年齢までの生活資金は確保できていますか?
また、年金を受給できるようになった後の年金分割で得られる金額で十分に生活できるのでしょうか?

どうぞこの機会に今一度生活設計を考え、離婚という決断が必要かどうかをお考え下さい。

もし、それでも離婚するべきという結論に達したときは、結婚期間の長短に関わらず、分割手続きをなさって下さい。

プライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

 

ご相談はお気軽に!