トップ  >  助成金部門  >  助成金とは

助成金とは

助成金とは、一般的に厚生労働省所管で取扱っている支援金のことを助成金と呼んでいます。 
厚生労働省で取扱っている支援金は条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。 
財源は労働保険に加入している企業の皆さんが支払っている「労働保険料」となっています。
保険料を支払っているのですから、条件に該当したら給付を受けるのは当然のことといえます。
 

助成金を受給する為には就業規則や36協定の見直し、各種書類の作成など、 決して低くはないハードルが存在します。
しかし、ハードルが高い(受給要件が厳しい)からと言って、 本来受給できるはずの助成金をみすみす見逃してしまうのは、 あまりにも「損」だと言えます。

たとえば・・・
パートタイマーがいれば40万円、60歳以上の者を雇用すれば90万円
当法人では高いハードルを取り払い、 助成金を効率よく受給できるようサポート致します。

 

雇用前に、ご相談ください!

ほとんどの助成金は、事前に雇用計画の認定を受けることが必要です。
ただ条件に該当すればもらえるのではなく、「こういう計画で事業を進めて、こういう人材を雇用する予定ですから、条件に該当したら助成金くださいね」と事前に申告しておくことが必要になるのです。
必ず、「起業する前」「会社をつくる前」「人を雇う前」に社会保険労務士に相談しましょう。

 

 

 

ご相談はお気軽に!