トップ  >  給与計算・社会保険手続  >  給与計算

給与計算

毎月の給与計算、どのように処理されていますか?
 
給与計算・
高齢者最適賃金
設計サービス
雇用保険・健康保険・介護保険・厚生年金保険・源泉徴収税・住民税…。
その料率や天引きの方法は毎年のように変わっています。
御社の労働時間管理や残業代計算は完璧と言えるでしょうか。
また、総務・給与計算担当者が退職してしまった際の対策は充分でしょうか。退職時に労働者から残業代計算の誤りを指摘され、数百万円を負担する例も少なくありません。
給与計算のアウトソーシングで経費削減と安心を得ませんか?
例)内部人材に担当させる場合
年間340万円程度の人件費が発生(月給20万+賞与3ヶ月)
 
その差は
217.6
    万円!
 
当法人に労働・給与計算をご依頼頂く場合
※(50人規模の会社である場合)

月額10.2万円×12ヶ月=122.4万円
 
従業員規模による月額表はコチラをクリック
 
60歳以上の労働者については厚生年金や高年齢雇用継続給付を効率良く利用し、会社の費用は最小限に、労働者の手取り収入が減らないよう人件費削減のサポートをいたします。
例)60歳時賃金      40万円 → 60歳以降の賃金 23.9万円
厚生年金月額        10万円
60歳時手取り額    33.6万円 → 29.6万円(手取り減額   4万円
60歳時会社負担額 45.7万円 → 27.2万円(負担減額 18.5万円
 
 
当法人では、専門家の視点から法令に則った
最適な給与計算をご提供いたします。
 
給与計算、当法人で行うなら
着手金0

 

ご相談はお気軽に!