労働者の重大な過失により会社が大変な損害を被ってしまいました。
会社として労働者に損害賠償を請求してもよいものなのでしょうか?
また、就業規則などに、そのような場合は損害賠償を請求する場合があるといった定めをしてもよいのでしょうか?

回答者: Sugiyama 掲載日時: 31-Mar-2008 14:23

労働者の重大な過失により会社が大変な損害を被ってしまいました。
会社として労働者に損害賠償を請求してもよいものなのでしょうか?
また、就業規則などに、そのような場合は損害賠償を請求する場合があるといった定めをしてもよいのでしょうか?

結論から先に申し上げますと、問題はございません。

労働基準法・第16条に次のような定めがございます。
「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。」

この法の趣旨は、あくまで「損害賠償額(具体的な金額)を予定する」ことを禁止するものであり、実際に労働者の故意又は重大な過失によって生じた損害の賠償を請求することを禁止するものではありません。
よって、雇入通知書や就業規則などで「損害賠償を請求することがある」と定めることは問題ございませんし、実際に損害が生じた場合に相応の賠償を請求することも違法ではございません。

このFAQが掲載されているサイト名: 社会保険労務士法人 澤 茅ヶ崎の社労士事務所です。労働・社会保険各種手続き、助成金申請、給与計算、年金相談、ITによる業務効率化など幅広く対応しております。 : http://sr-sawa.jp/modules/smartfaq/faq.php?faqid=64